キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 バイク買取で書類などの手続きを代行してもらう : バイク買取がよくわかる
バイク買取がよくわかるmain画像

バイク買取で書類などの手続きを代行してもらう

盗難や標識紛失では、プレートだけを持って行かれてしまうこともあります。

バイク買取に際して、古いバイクや盗難や紛失のバイクをリカバーしたケースなどでは、ナンバープレートが無くなってしまったケースがありますよね。

ナンバープレートがないバイクを売却することは可能なんでしょうか。

ナンバープレートがなくなってしまった中古バイクは、そのままにはせずに、126CC以上のサイズのバイクの場合、標識紛失や盗難であることを届けて、受理番号をもらってきます。

126CC以下のバイクでは、管轄区役所へ出かけて、廃車の手続きを行う必要があります。

こうした手続きは面倒で手間のかかるものという印象があります。

中古バイクの処分に際して、なかなか取りかかることができない理由のひとつに、書類を紛失していたり、廃車手続きをしないといけなくなっていたりといったことで、手間暇をかけてバイク買取の手続きを取るのが面倒だと感じているからという人もいるでしょう。

バイク買取を行う会社は、多くがこうした手続きに関して、代行をしてくれるところが多いものです。

代行は無料だったり、コストがかかるところがありますが、自分が仕事を休んであちこちを周って手続きをするのが難しい場合、プロにお任せすることができて便利です。

ちょっとした書類や手続きを間違えてしまうと、スムーズに処分できるはずのバイク買取にも、余分な手間がかかってしまうことがありますから、こうした代行制度は、上手に使っていきたいところです。

◇参考リンク:手続き|バイク(原付・小型特殊)などの登録・廃車