バイク買取がよくわかるmain画像

バイク買取で必要な書類

バイク買取は、買取りが成立すると、現金で支払いを行うことが一般的です。

金額が100万円以上などになると、振込になるケースもあります。

どうしても現金での取引にして、その日のうちに取引を終了したいというケースでは、最初にそのことを電話などで問い合わせしておくといいでしょう。

バイク買取に際しては、身分証明書の提示が必要になります。

見せるだけなので、コピーなどを準備する必要はありません。

他には下記のいずれか1通の書類が必要です。

・125cc以下:標識交付証明書

・126cc以上250cc未満:軽自動車届出済証

・250cc以上:自動車検査証

・上記に関する廃車書

自賠責保険証明書とノーマルパーツ、取扱説明書等バイクに付属するもの全部があれば買取価格に反映されて、高額買取になることもあります。

しかしどうしても必要なわけではありません。

書類が見つからない時はあわてずに、ナンバーを登録した時の所有者住所と、所有者指名をメモなどに書きだしておきます。

ローンで買っているバイクは、所有者が販売店になっていることもあります。

所有者を移転させないと、売却できないのですが、移転するための方法は、販売店によってさまざまです。

多くのケースでは、生年月日を証明する身分証やローン完済証明書を提示する必要があります。

書類が見当たらない時は、あらかじめそのことを、バイク買取店に伝えておきましょう。

販売店によって手続きが違うので、対応のアドバイスをお願いしておきましょう。