バイク買取がよくわかるmain画像

バイクを買取に~改造車が安くなってしまうポイントはどこ?

バイクの買取では、改造車に対してほとんどプラスの評価は付きません。

マニアと買取のプロとでは、見るべき評価ポイントが違うからです。

心しておきましょう。

改造車とかカスタム車というのは、時にレアものとして人気が出ることもありますが、それはマニアの間での話です。

バイクを買取する業者がもっとも重視しているポイントは、そのような個性ではなく、「中古バイク市場での流通性と人気の高さ」です。

買取ったバイクが手間なく早く売れて、しかも高値で処理できるのが良いバイクです。

バイク好きのマニアが思い描くポイントと買取業者が描くポイントは真逆とも言えます。

そこでもし手元にあるバイクが改造車であるなら、どの程度の改造を行なったのか、振り返って書き出しておく必要があります。

ボディーカラーを塗り替えていたり、独特のマーキングを行なっていたりすると買い手が限られるので査定額は下がります。

シャコタン、エンジン系統などのイジリ、純正パーツの少なさもマイナス査定になります。

バイクの買取業者から見て、改造車がプラスのポイントになることはまずありません。

事故車や改造車は、買取査定を受ける前にその履歴を細かく書き出しておきましょう。

そのほうが査定員の印象は良くなります。

買取査定の担当者が、バイクのある現地に行っても試乗することはありません。

ほぼ見た目での査定になります。

改造歴が明確でないと査定しようがないので、最低ラインの金額を提示されることになります。

そうさせないためのポイント・準備が改造履歴のメモやメンテナンス証明書です。

できる限り用意しておきましょう。

・面白い改造車の記事見つけました⇒https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1901/03/news020.html